2010年09月15日

グリーンフラッシュ ウェストコーストIPA開栓!

 とうとう和知にやってきました!
アメリカのクラフトビール樽生です。
サンディエゴの「グリーンフラッシュ」ブリュワリーの代表銘柄「ウェストコーストIPA」開栓しました。
 輸入元のナガノトレーディングさんによると

看板商品でもあるウェストコーストIPAは通常のIPAでも、インペリアルIPAでもなく、「ウェストコーストIPA」という別のカテゴリーを築き上げたと言っても過言ではありません。CEOのマイクは「ウェストコーストIPAを飲んでもらえたら、グリーンフラッシュのスタイルをわかってもらえるはず」と言います。

 という、まさに類の無いエールです。
むせかえる草いきれのような青臭さすら感じる、鮮烈なホップの香り。
飲み干した後も、心地よく口の中を収斂させながら長い長い余韻を残す苦み。
樽生ならではの滑らかさ。
 これを飲まずして、アメリカのビールを語るなかれ。
ボトルのウェストコーストIPAも和知の定番人気商品ですが、ナガノトレーディングさんのお力でようやく樽を扱うことが出来ました。
これからも、アメリカのクラフトビールの樽生を少しづつですが提供していきます。
よろしくお願いいたします。

 ブリュワリーの名前の「グリーンフラッシュ」とは、「太陽が完全に沈む直前、または昇った直後に、緑色の光が一瞬強く輝いたようにまたたく、非常に稀な現象。緑閃光ともいわれる。(wikiより)」からつけられたそうです。
非常に珍しい現象で、見た者に幸運をもたらすという言い伝えもあるそうです。
グリーンフラッシュブリュワリーのロゴにも描かれています。
Green Flash Logo.JPG

 そうそう、余談になりますが。
この珍しい現象を、奄美の写真家の別府亮さんが撮影されていました。
カメラと写真と奄美大島と
この素晴らしい写真、今月の日本エアコミューターの壁紙ダウンロードサービスにも使われています。
別府亮さんの写真、本当に素晴らしいですよ。
和知にもいっぱい貼らせていただいています。
去年の冬に万博公園でばったり会ったのはびっくりしました(笑)
http://blog.amamicco.net/?day=20091201


posted by wachikuma at 01:39| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。